MLA48 PROJECT is the group of people who love MLAs (Magnetic Loop Antennas).

"Chance Favors the Prepared Mind." Louis Pasteur - to the discovery of electromagnetism by H. C. Ørsted
MLA48プロジェクトは,MLA(マグネチック・ループ・アンテナ)ファンの集いです.
本プロジェクトは,動作理論が明らかなコンパクト・アンテナとして世界中のハムに試されている
MLAに関連する知見を結集し,高性能・低コストで使いやすいアンテナの実現に向け,理論,製作
設置まで評価・検討していただけるメンバーを全国から広く募りたいという趣意で立ち上げました.
Care must be taken not to touch your MLA when transmitting. Keep several meters away from it when driving QRO.
At present: 128(JA), 29(DX) members
Welcome New Members: JF9SOM, JH1OHZ Sep. JM8TSJ Dec. 2023, JH1CDV Feb. 2024

2024 有明GYM-EX で開催.書類審査が通り,出展料を振り込みました(6月11日).


QEX Japan No.51に「マグネチックループアンテナの楽しみ方再発見!MLA最新事情2024年版」が掲載されました.
表紙はJA3UOQ/1(JI1UMC)原田さんのベランダに設置されたMLA群(手前からJR1OAO中島さん製作のDesktop MLAほか)
01 JA9BSL 野村さん『MLAにおける固定コンデンサーとバリコン,プリセット装置の製作』
02 JE1JOM 中野さん『「いつでもHH_MLA」の開発と運用実験』
03 JA9ATY/1 大田さん『ひげ付きダルマ型MLA』
04 JJ5RJD 米村さん『MLA+ループアンテナ反射器系ハイブリッドアンテナ』
05 JG1CCL 内田さん『HHE-152 CCLoop MLA-Horn 2mの実験製作進捗…MLAにHorn(角)を生やす』
06 JI1CAX 澤田さん『MLAを結合させて指向性を持たせたMCBアンテナの紹介』
07 JF1IQQ 下地さん『〜1.8〜7MHzをカバー〜本棚に設置したコア給電方式MLA』
08 JA3UOQ/1 原田さん『MLAでDXCC』

つぎの MLA48ミーティング(定例:第2日曜日)のエントリーは こちら から.
7月14日(日)は川崎産業振興会館(第3会議室)会場とZoomのハイブリッドで開催しました. 
*当日の資料はMLA48ドライブ → 発表者及びミーティング資料 → mmddyy_Meetingフォルダに収録. 
つぎの JH1YMCミーティング (MLA48合同:第4土曜日) のエントリーは こちら から.
7月27日(土)の第131回アンテナ製作プロジェクトは長津田地区センターとZoomで開催します.

台湾支部NewsletterはMLA48 Drive BX6ABC Folderをご覧ください
JH1YMCアンテナ製作プロジェクト(合同)の 報告 Reports は こちら
Newsletter最新号を発行しました. No.245  No.0 からは こちら
*通算 第203回以降は,MLA48ドライブの"_ミーティング資料_MeetingDocs"フォルダをご覧ください.
MLA入門手帳  Introduction to MLA English version を発行しました. MLA48 YouTube CH.

2023 出展(2コマ) MLA48 10周年の記念展示でした.
JARLイベントコーナーBUDの会 JE1BQE根日屋さん・JG1UNE小暮・JF1DMQ山村さん+JH1GNU小林さんが講演
2023年8月20日「小型アンテナとループラジアル」の講演YouTubeは こちら から
ハムフェア2023 JARLイベントのYouTubeは こちら から
HAM Fair 2023 MLA48ブースの動画は こちら から
ハムのラジオ MLA48ブースインタビュー(第556回:8月27日配信)のPodcastは こちら から

Czech Rep. Ostrava OL48MLA(2019)       台湾CTARL訪問・BW/台南QRV(2023)

MLA48 WebSDR (Dia. 33cm Shielded Loop) is not in service. 現在停止中.

MLA48プロジェクトメンバーの著作リスト(2012-2022)は こちらから
メンバー執筆の記事 Articles written by members
2024
大気電気学会に JL1DHV 今住さんの論文「容量性円形平板アンテナによる地震前兆LF帯電磁放射の波形観測」が掲載されました.
電子工作マガジン2024夏号に JG1CCL内田さん&JH1YMCの「無電源式FMラジオ製作(FM Salusを受信せよ!)その1」が掲載されました.
CQ ham radio 2024年7月号に PT2ZDX Martinさんの「緊急レポート MFJアメリカンドリームの終焉」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2024年7月号に JG1UNEの「コンパクトアンテナで楽しむアマチュア無線 ベランダMLAで高利得を実現 位相差給電編」が掲載されました.
HAMworld 2024年7月号に PT2ZDX Martinさんの「マットグロッソ州の州都 クイアバ旅行記 PART①」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
QEX Japan No.51に メンバー8名の「巻頭企画 マグネチックループアンテナの楽しみ方再発見! MLA最新事情 2024年版」が掲載されました.
CQ ham radio 2024年6月号に PT2ZDX Martinさんの「三国境アマチュア無線博物館 訪問記」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2024年5月号に JG1UNEの「コンパクトアンテナで楽しむアマチュア無線 ベランダMLAで高利得を実現」が掲載されました.
CQ ham radio 2024年5月号に PT2ZDX Martinさんの「PT2CA エニバルド アウヴェス シウバさんを訪ねて」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
HAMworld 2024年5月号に PT2ZDX Martinさんの「ブラジルの蚤の市でお宝発見!!」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2024年4月号に JG1CCL内田さんの「海外ツアー企画第2弾 台湾で無線と美食三昧の旅」が掲載されました.
CQ ham radio 2024年3月号に JE1BQE根日屋さんの「Dr.BQEの閃き工作 50MHz用スクエアローアンテナの製作」が掲載されました.
CQ ham radio 2024年3月号特集に JG1UNEの「小規模設備で楽しむアマチュア無線 コンパクトアンテナ総論」が掲載されました.
大阪公立大学工専2023年度研究紀要に JK3IAH重井先生と山添さん(卒業生)の「方形マグネチックループアンテナの製作」が掲載されました.
HAMworld 2024年3月号に PT2ZDX Martinさんの「インタビュー Bike & HAM 体験のススメ」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2024年2月号に PT2ZDX Martinさんの「PT2TFテレジーニア フェリックス カルドーソさんを訪ねて」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2024年2月号に JH1EPI/W6EPI戸塚さんの「V6SXミクロネシア連邦チューク島でのGreenCube衛星運用」が掲載されました.
CQ ham radio 2024年1月号に JE1BQE根日屋さんの「Dr.BQEの閃き工作 144/430MHzデュアルバンドアンテナの製作」が掲載されました.
HAMworld 2024年1月号に PT2ZDX Martinさんの「ブラジルアマチュア無線連盟が参加した航空ショー」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
HAMworld 2024年1月号に JG1UNEの「ヘリカルUNEクワッドの実験」が掲載されました.
2023
CQ ham radio 2023年12月号に PT2ZDX Martinさんの「国際宇宙ステーション(ISS)の衝突回避」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
HAMworld 2023年11月号に PT2ZDX Martinさんの「南米ブラジルで最も貴重な送信機コレクション」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2023年10月号に JG1UNEの「ベランダ設置の成果と考察 チェコで開発されたMLA SMART Part3」が掲載されました.
電子工作マガジン2023秋号に JG1CCL内田さんの「火花放電式送信機とコヒーラ受信器」が掲載されました.
LOOPER社のHPに JG1UNEの"Try MLA SMART on the balcony…"が掲載されました.
アマチュア無線開局・運用マニュアルに AG6NS寺崎さんの「ピコバルーンチェイスを楽しもう」他が掲載されました.
CQ ham radio 2023年9月号に JG1UNEの「ベランダ設置の成果と考察 チェコで開発されたMLA SMART Part2」が掲載されました.
電子工作マガジン2023夏号に JG1CCL内田さんの「インターネットラジオ(Web ラジオ)」が掲載されました.
CQ ham radio 2023年8月号に JG1UNEの「ベランダ設置の成果と考察 チェコで開発されたMLA SMART Part1」が掲載されました.
7月13日 技術評論社から JG1UNEの「しくみ図解シリーズ 電波とアンテナが一番わかる第3版」が発売されました.
CQ ham radio 2023年7月号に PT2ZDX Martinさんの「PT2ADM グスタボ デ ファリア フランコさんインタビュー」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
HAMworld 2023年7月号に PT2ZDX Martinさんの「南米エクアドルのハムがいなくなる」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
6月19日 講談社ブルーバックスから JG1UNEの「アンテナの仕組み第5版(Kindle版も)」が発売されました.
6月1日 CQ出版社から JG1UNE・JE1WTRの「コンパクト・アンテナの理論と実践[応用編]オンデマンド版」が発売されました.
QEX Japan No.47に JF1DMQ山村さんの「オフセンター給電デュアルバンド 垂直アンテナのシミュレーション 第3回」が掲載されました.
CQ ham radio 2023年5月号に JG1UNEの「電波障害の基礎知識 現代ハムのインターフェア対策」が掲載されました.
HAMworld 2023年5月号に PT2ZDX Martinさんの「ブラジルの大学ラジオ局」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
電子工作マガジン2023春号Hamikuv Koutek 300号に JG1CCL内田さんの「エレクトロスコープの製作」が掲載されました.
QEX Japan No.46に JF1DMQ山村さんの「オフセンター給電デュアルバンド 垂直アンテナのシミュレーション 第2回」が掲載されました.
CQ ham radio 2023年3月号に PT2ZDX Martinさんの「南米ブラジル便り ブラジルのハムグループによる災害緊急協力」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
HAMworld 2023年3月号に Martinさんの「2022 CQ WPX RTTYチャンピオン局PX2A, PY2XV Julioさんを訪ねて」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
HAMworld 2023年3月号に PT2ZDX Martinさんの「米国の短波ラジオ局 WMLK」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
秀和システムから JG1UNEの「図解入門 よくわかる最新テスターの基本と実践」(新刊・オールカラー)が発売されました.
CQ ham radio 2023年2月号に JG1UNEの「特別企画 ATUの基礎知識とその活用法」が掲載されました.
CQ ham radio 2023年2月号に PT2ZDX Martinさんの「第63回 ブラジル Verde e Amareloコンテストに参加して」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.
CQ ham radio 2023年1月号に PT2ZDX Martinさんの「サイクル25のゆくえ 2023年のHF帯電波伝搬予測」(翻訳:JE1WTR)が掲載されました.


JR1OAO 中島さんのPAT(Perfect Antenna Tuner)製作記事が PE-AR誌 に掲載されました.
OK1DPX Petr Prauseさんの著書 HAMiKHamikuv Koutek(PDF)をまとめた書籍です.
Olda(OK2ER)さん Marek(OK2KQM)さん"Magnetic Loop Antennas" 第5版 が発行されました.
最新版は,第8章がJR1OAO中島さんの執筆で,"The Perfect Antenna Tuner(PAT)" 12ページ.
MLA48メンバー有志のチェコ訪問写真集も10ページ掲載され,全290ページの大作になりました.

Worldwide
ARRL QST May 2024 pp.40-43 AD5X "PreciseRF HG3 Stepper Magnetic Loop Antenna"
ARRL QST Jan. 2022 pp.58-59 KE4PT, K0RW "Loop Misnomers and the Benefits of Vertical Elevation"
ARRL QST Jan. 2021 pp.44-47 AD5X "PreciseRF HG3 Stepper Magnetic Loop Antenna"
RSGB RadCom Feb. 2020 Jack Purdum, W8TEE and Al Peter, AC8GY "Double-double magnetic loop"
ARRL QST Jan. 2020 Cover photo VE6AB "10-40 meter MLA"
ARRL QST Nov. 2019 pp.30-32 WA6QBU "160-Meter Window Line Loop"( JA9BOH 前川さんからの情報).
ARRL QST June 2019 pp.39-42 W3HX "HF Magnetic Loop for 80 Through 20 Meters"
ARRL QST June 2019 pp.57-59 AD5X "PreciseRF HG-1 Magnetic Loop Antenna"
ARRL QST May 2019 pp.30-33 K1FM "K1FM's HF Magnetic Loop"
ARRL QST Apr. 2019 pp.30-36 VK5SFA "A High-Power 160- and 80-Meter Transmitting Loop Antenna"
ARRL QST Mar. 2019 pp.52-54 N2CX "W4OP Magnetic Loop Antenna with Remote Tuning"
ARRL QST Sept. 2018 pp.30-33 KE4PT, W6RQ "Small Gap-resonated HF Loop Antennas"
ARRL QEX Jul/Aug 2018 pp.3-8 W8NUE "Small Transmitting Loop: a Different Perspectives on Tuning and Determining Q and Efficiency"
ARRL QEX Jul/Aug 2018 pp.9-11 AE7PD "Effects Due to Ground For Small Transmitting Loop Antenna"
ARRL QEX Jul/Aug 2018 pp.12-17 KE4PT, W6RQ "Small Gap-resonated HF Loop Antenna Fed by a Secondary Loop"
ARRL QST Oct. 2017 pp.61-63 N2CX "W4OP Magnetic Loop Antenna"
ARRLの WebページThe Doctors is Inに,Magnetic Loop Antennas の Q&A が載りました( AJ3K Rautio さんからの情報).
ARRL QST 7月号:KG7OQT, Dragan君(10歳) はワシントン州科学技術フェアで自作MLAが1等賞に.JT65で日本ともQSO.
ARRL QST 5月号:pp69-70のKE4PTによるニュージーランド移動運用記(Portable Adventure)MLAの実績を紹介しています.
ARRL QST誌 11月号('14) はpp.33-39のWØIVJによる高周波ノイズの検出に関する記事で,プローブとしてMLAを紹介しています.
ARRL QST誌 11月号('14) はpp71-72のWR1BによるTechnical Correspondenceで同軸ケーブルを利用したMLAを紹介しています.
ARRLは Olda Burger(OK2ER)さん Marek Dvorsky(OK2KQM)さんのFBな書籍 "Magnetic Loop Antenna" 第4版を発売.

MLA48 YouTube CH.

JA5KVK 小川さん制作の電磁界シミュレータ MLAsim(当時) によるMLA近傍空間の電波インピーダンス(色スケール|等高線表示)

 MLA48プロジェクトの趣意書は こちらから
 MLA48プロジェクトに参加を希望される方は,事務局:小暮裕明(JG1UNE)の JARLメール・アドレス へご連絡ください.

* MLA(マグネチック・ループ・アンテナ)は磁界(検出)型ループともいわれ,主に磁界成分を検出する「磁界プローブ」と同様,
波長に比べて十分短く,MLA近傍で支配的な磁界に着目したアンテナ.共振状態でキャパシタに強電界が集中しますが,ループ電流を
一定と見なせば,電流の発散はゼロで電荷もゼロ,実際は有限長なのでゼロではありませんが,「磁界(検出)型」と云われる所以です.
*書籍:Olda Burger(OK2ER), Marek Dvorsky(OK2KQM); "Magnetic Loop Antenna", distributed by ARRL, June 2015.
VK5KLT/VK5LT Leigh Turner氏の秀逸なMLA論文(許可を得て翻訳) その1 その2 その3 その4 その5 その6
原展英文は,AHARS (Adelaide Hills Amateur Radio Society Inc.) のWebからダウンロードできます.
Editor: JG1UNE