English version   

私立 科学技術学園は、

(財)日本科学技術振興財団が、わが国の科学技術水準の向上をはかるため、

その事業の一環として、東京の北の丸公園にある

「科学技術館」の開館や「東京12チャンネル・科学技術教育専門局(現:テレビ東京)」の

開局と同時に、科学技術に関する人材育成を目的として開校しました。

 

一人ひとりを大切に、

礼儀正しい生徒を育てようというのが教育方針。

 

 

プロローグ

 

2001年テレビ東京に、「高見沢 俊彦THE ALFEE)」来臨。

スカイパーフェクトTV、テレビ東京系の「初一時間TVアニメ番組」として、

「子供から大人も楽しめる、けして難しい物語ではない。」テーマの

次世代アニメーション、「フィギュア17つばさ&ヒカル」の

音楽プロデューサーとして主題歌を担当。オリコン初登場5位(アルバム)

 

テレビ東京は他、

 

 

・「新世紀エヴァンゲリオン」、「ポケットモンスター」、「無限のリヴァイアス」

「彼氏彼女の事情」、「満月をさがして」、「フルーツバスケット」、

「マリア様がみてる〜春〜」、「遥かなる時空の中で 〜八葉抄〜」、「ガラスの仮面」

 

などのアメニショーン番組から、

 

 

IT・マルチメディア世代の少年向け新世紀型の物語、

 

「デ・ジ・キャラットにょ」、「起動戦艦ナデシコ」、「万能文化猫娘」、「ラブひな」、「超GALS!寿蘭」

「エンジェリックレイヤー」、「マスターモスキートン‘99」、「スターシップ・オペレーターズ」

 

などかつて見たことのないような、

予想し得ないストーリー展開の様々な作品や、

 

 

 

 スポーツ・アニメなどの代表格となる、

「キャプテン翼」

なども、懐かしく思える作品です。

 

 

 

その他、「水色時代」、「赤ちゃんと僕」、

「りりかSOS」、「ファンシーララ」、「ケロケロちゃいむ」

「スレイヤーズ」、「ロードス島戦記」、「とっとこハム太郎」、「赤ずきんチャチャ」

などや

 

 

単に奇抜で予想外の展開をする物語の終演を見せるのではなく、

「人の優しい藍」を大切にした流れを表現の中に滲ませた、

 

Scenario healed by small gentle

 

繊細さの中に人の小さな心の優しさを傷つける事の無い構成をさり気なく強調した。

 

 

「マーメイドメロディー」、「東京ミュウミュウ」、「きらりん☆レボリューション」などの、

 

 

かつての子供向き少女コミックアニメーション枠より「優しい人の関係」を、

大事にした道徳的な解釈を含んだ部分の有る仕上がりの配慮なども大切とした、

子供向けのファンタジー物語・アニメーション番組でも、よく知られています。

 

 

 

 

学校教育における学習環境の、

年齢的な多角化の問題などの「ジェネレーションギッャプ」を正面から、

メンタルでコミカルに明るいモチベーションで描いた、

 

「スクールランブル」

 

など、特に珍しい印象を受けないが、

どこかで見たような感じのするスチュエーションで、

映し出されているマイナーな内容も今では珍しい作品です。

 

 

 

日本アニメーションとしては珍しい、

 

大人の世界観だけで描かれている「Story of Den theory a man」のような雰囲気の中に、

少しだけ少年の心が何処かに残っているような、

 

「魁!!クロマティ高校」、「カウボーイビバップ」、「ギャラリーフェイク」

 

 

などの奇抜な表現力が魅力となる物語も目立つところです。

 

 

 

 

 テレビ東京「男はつらいよ・全48作一挙放送」などの異例の試みなどや

 

また、あのモーニング娘を誕生させた、

「ASAYAN」などでも有名です。

 

 

 

 

どう言う訳か、

平日ほとんど毎日のように、

洋画を昼間に放送している「衛星放送波(並ぶ)」

の放送局で有る事は、E−ラーニング・スクールが波及して来た近年の日本では、

ワールド・ワイド・グローバルな「New C21 Generation of children」の

internationalism Multimedia Client student」な流れには、

周知の事実で有る方も多いかと思ます。

 

 

 

 

・その中でも「エヴァンゲンリオン」や「ポケモン」は世界的に大ヒットし、

「EVA」と言う言葉は流行語にもなり、

あの「もののけ姫」と人気を二分するなどの、社会現象にもなりました。

その後も、「A&G」ゾーンは、快進撃を続け、

様々なマルチメディア作品を生みつづけ、世に放ちました。

 

マルチメディアとITと言う研究テーマで本当にやっていけるのか!?

あの憧れの映画やドラマなどのメディアと対等に張り合えるのか、

「経済の中に参入し、市場解放できる代物になるか?、」

コンピュータ言語でアプケーションを作成していた当時は、

かかる経費と時間に対して妥当だと判断されるようになるかと言う疑問に、

大きな危惧ばかりが先行していた。

しかし、90年代以降に入り、MS-WINDOWS(後のWINDOWS95)と、

ゲーム機の飛躍的な普及により、マルチメディアとITは、日常の生活の中で当たり前の、

一般的なアイテムとなって行った。

 

その後も、「少女革命ウテナ」、「天空のエスカフローネ」、「ふしぎ遊戯」

などの人気作品が次々と、創られ、世の中に浸透して行きました。

しかし、98年に入りテレビ放送が開始されて以来の異例のトラブルが起こり、

一部の番組が規制をされ、見る事が出来なくなってしまいました。

だが、その先で待っていたのは、ブーイングでも偏見でも無く、

逆風の追い風だった。この一件を皮切りに、

その人気は世界へと広がり、マルチメディアは「テレビ東京」の独走状態に至った。

 

私立(わたくしりつ)の受験真っ盛り、私立と言えば厳しい選考基準。

様々な私立学校がある中、世田谷の成城住宅街に、

こんな私立学校があるのをご存知でしょうか?

 

「学校法人 科学技術学園」

(高等学校・専門学校)

 

連携校「52」校、他「姉妹校」など、これは、ほぼおおよそ日本全国でおいて、

受験をする事がカバー可能な数字です。

「広域通信制・単位制・昼間部」による私学システムで、

今やその卒業生の数は、なんと10万人を突破しました。

高校生活の三年間どう過ごすかは、

皆さんの、御心しだいです。

柔軟なカリュキュラムで、ナチュラルな学園での、

学生時代の一時も良いのではないでしょうか?

「今の自分は好きですか」

 

 

世情機変し、私学の喪失者は殖え、

名利の為に手段を選ばぬ世に、

痛みの流れを見出す道を築くため、

「能力」、「技術」、「教養」は、

「然し我々の世界」に有らねばならず。

志す者は、誘おう、

血路の大隧道を超え、我ら、専門士へ。

 

 

「 万 」、

この数字から皆さんはなにを連想されますか?

 

「日本武道館ライブの観客動員数」

「自分のおこずかい」

「科学技術学園にあるPC−クライアントの数」

(そんなにある訳は有りませんね。)

 

この数字は、私立「科学技術学園」の在学生の数です。

これは正に、全国レベルに値します。

私立(わたくしりつ)の「グループ校」と言われている、

この「広域通信制」と言う私学システムを

始めて日本で採用した、

私立学校も「学校法人 科学技術学園」なのです。

 

 

私立 科学技術学園・エピソードT

 

元々、卒業生10万人を目標に始めた私立学校では無くて、

「入れない、入学ができない」と言う抗議の声が沢山あり、

それでは、「来たい人はみんな入学して欲しい」と言う事で、開校されました。

世田谷成城街と言う高級住宅地で、東京都内ではまれに見る恵まれた環境の中にある学園で、

始めて来た人はどんな事をしている学校なのだろうと思われる方もいらしゃっると思います。

もちろん、来た事のある人はどんな形態の学校かと言う事を、

知っている方も少なく無いと思います。

コンピュータにインターネットやマルチメディアが導入されたり、

設備も大変に変わり、教室の様子も様変わりするなどしましたが、

もう二度と同じ校舎の教室で学園生活を送る事は出来ないと言う事も、

一つの意義の有る事では無いかと思います。

今現在は、科学技術学園グループは全国に姉妹校、連携校があり、

その規模は今だ拡大し続け、本学はまだ休む事を知りません。

科学技術学園は科学技術庁を主務官庁とした「(財)日本科学技術振興財団」

によって文部省研究開発指定校として設立・創設され、

昼間部・単位制・広域通信制として、

フレキシブルにカリュキュラム編成を行なえる柔軟な私立学校として、

営まれて来ました。また、姉妹校に専門学校を併設するなど、

専門学を学べるシステムとなっており、能力・技術・教養を育成し、

様々な研究を行なう学校です。

現在は、国内最大手の

「広域通信制・ -ラーニング(私学システム・コンテンツ)・単位制・昼間部」

の有名私立となりました。

 

 

 

開く事の無いエレベータと少年達・エピソードU

 

「マルチメディアはNec星から来た僕らの友達かな」

今のような世の中は、自分から命を絶ってしまう人が多いようです。

でも、それは想像力の欠如から来るのではないかと思います。

今の子供達は両親や学校とその大人達の中に、

明るい未来のモチベーションを持てないのだと感じます。

科学技術学園なんて言う「学校法人」名は「いかにも」と、

思うよなイメージで、ありふれていると感じるかも知れませんが、

でもそれを、馬鹿だと思う感性が、

発展途上文化型の世代の感性ではないかと感じ得ます。

しかし、科学技術学園は、みんなのやりたい事だと思うのです。

広域通信制で出来る事を最大限にアピールしてある学校だと思うのです。

「それが最大限のヒント!?」

 

 

 

「そこには何も無かった」・エピソードV

 

科学技術学園、そこには、なにも無かった、

有るのはどこの学校にでもある、見なれた黒板と机だけだった。

コンピュータのパソコンは、LANの配線とプログラミングから始まり、

すべてが手作りだった。マニュアルの文書は、英語の機械的な直訳で、

正に、暗号文同様の状態で、教職員も生徒も、独学でコンピュータを学んだ。

市販のソフトウェアやディバイスドライバも少なく、

言語でプログラムを組む以外、システム構築する術が無ありませんでした。

スタッフは、ほとんどが素人で、キーを叩いた事も無いような人間ばかりでした。

しかし、「動き回りたい、走り回りたい」遊びたいざかりのどんな生徒も、

CAIルームに入ると、ディスプレイに向かい静かにキーを叩き始める。

こうして、コンピュータが科学技術学園と言う学校にとって、

当たり前の物となっていきました。

 

 

私学の果てに・エピソードW

 

コンピュータも、情報処理から「IT・マルチメディア」へと移行し始め、

科学技術学園も機能性と情報通信システムが認められ、

進学率も9割近くある有名私立となり、

有名私立専門学校や名門私立大学への進学が当たり前となった頃、

「科学技術学園?、ああっ、定時制(昼夜開校制・昼間定時制・一部制)ですね。」(ガチャ)と、

電話は切られた、県立優先の東京近郊にある学校法人の対応のしかただった。

「今度ばかりはどうにもならない」

まさにそれは旧態依然の偏見の壁が立ちはだかった。

しかし、科学技術学園は、

すでにその時、私学協会(私学団体)への加盟が許されていた。

科学技術学園は様々なジャンルの学校法人と連携を取り、

姉妹校を増やし名門私立大学への進学校となった。

 

まさに私立「科学技術学園」が世の中に見とめられた瞬間だった……。

 

 

 

学園日記・エピソード

 

学園でのある日の昼下がり

 

ある日、体育の授業終了時の事、

「ああっ 暑い、暑い、もうダメだ。」とクーラーの効いた教室に、

帰ってきた、あまりの暑さに一人の生徒が、

クーラーの送風口に顔を伸ばした所、

あまりに涼しかったのでドリンクを中に入れて見た。

すると、次の授業が終わった頃には、ドリンクはギンギンに冷えていた、

その日を境に、買ってきたドリンクをクーラーの送風口に詰めこみ冷やすようになった。

「ハーイ、オレンジ、ウーロン、マミーでーす、取りに来てくださーい。」、

 

「はーいっ!!ウーロン、ウーロン」

「オレ、マミーだから」

「受け取ってぇ!!」

「サンキュウ〜!!」

 

こんな調子が夏にはしばらく続いた。

 

詰め込んだドリンクを取り出すのは体育の後の日課となって行った。

当時、過酷だった体育のカリュキュラムで体を維持するための生徒達の知恵だった。

 

 

学校の授業が終わり、放課後それぞれの学園活動が始まる午後の一時、

「おに唐弁当セット」の、昼、食べるはずの弁当の食べてしまった、

残りのおかずを食いながら追試に備えた、

すでに体育が終わり昼食を取る頃にはへたへたで、

食べ物がのどを通らなかった、

そのため、体育の前には、体力を付けるため、

学校の近隣にある、

弁当屋で買った弁当を休み時間の10分で半分以上たいらげてしまうのが習慣となっていた。

 

 

命のセンタク

 

授業で野球の試合を行った、

その時、ピッチングをしていた一人の生徒が、体育担任の目にふれ、

マウンドに立たされた、

しかし、その生徒はけして目立って強靭に養われた体の生徒では無かった、

級友の生徒たちは、意外な先生の言葉にさすがに驚いた。

だが、マウンドに立った生徒は体格がスレンダーながらも身長は180センチ以上あった。

フォームだけを意識して作った体で投げた球は、グラブに鈍い音を立てた、

生徒がキャッチャーの後ろでのぞきこんだボーウガンには140キロが出ていた・・・・・・・・。

 

けして体が丈夫な生徒では無いごく普通の生徒だった、

3年間、唐揚げをほとんど毎日食べつづけ、激しい運動を続けたその結果だった。

 

「オイ、〇〇クン・・・・・・・・、野球部なっ!! 」

「なに言ってるんだ、アレは!?」

(周囲の生徒があきれ声で呟いた)

 

苦笑ともジョークとも思える、笑いが密かに飛んだ。

教室に帰ってからも、笑いが続いた。

社会的な立場も個性や人間性もそれぞれ違う者同士が、

心の壁が崩れ、シンクロしたそんな一瞬だった。

 

 

逆転の法則

〜得点には違いない。〜

 

ある年の体育祭の大会日、

あるクラスが微妙な線で、勝敗を争っていた、

陸上競技に自信の有った一人の生徒が思わぬ苦戦を強いられていた。

周囲の生徒達には重い空気が張り詰めていた、

すでにそれは、怒りと言う感情に変わるのでは無いかと思うほどであった。

そんな中、次の競技への準備へと移った、すでに得点には差が出ていた。

そんな中、会場席は静まり返っていた。

そして、あまり、注目の集まらない地味な飴玉競争へと競技は移った。

だが、だれからも注目を受けて無かった。

 

飴玉競争の一人の生徒が、口火を切ったように走り出したかと思うと、

白粉をむさぼるように口に食らい込み、

飛び出して行った、わずか6秒程度の瞬間だった、

そのランナーの生徒の前には、もはや誰もいなかった。

ただ、ただ生徒はゴール目指して、口で飴玉を抱え込み

ダッシュした。

切迫した空気に、わずかながら笑いが起こった。

そう、ゴールにたどり着いた時はその生徒しかいなかったのだ。

 

そして一つの競技が終わり、

スコアボードが入れ替わった、

驚くべき事が起こった

点数が入って逆転していたのだ。

飴玉競争でも競技には違いない、

一位を取った事で得点が入っていたのだった、

事態の変化にようやく気がつき始めた生徒達からは、

歓喜にも似た大爆笑の渦が巻き起こった。

 

一触即発の事態は、こうして偶然にも回避された。

 

 

謎のメニュー・ビーフステーキ弁当

 

ある日の事、学校の近隣の何時もみんなが利用する弁当屋で、

普段、誰も買わないようなメニューに目が行った、

 

「ビーフステーキ弁当・1500円」

 

あまりに学園祭の作業が忙しいため、

スタミナを付けるべくジョウタン半分で注文してみた。

 

学校でふたを開けてみると、級友達からの視線が注目して来た。

 

「一口、・・・・・・・・ひとくち!!、一個!いっこ」

 

おずおずと、肉を切り分けて行こうとした、その時、割り箸が折れた・・・・・・、

肉は雑巾のように硬かった、さすがに引いた、

ためしに、その級友に食べさせてみた。

 

「食えない、・・・・・うっ、飲み込めない」

 

肉の解凍に失敗したらしい。

それ以後、そのメニューには何度かトライしたが、

弁当店サイドの方で中止となった。

 

が・・・・・・・・・、数日後、そのメニューは再開され、

良く油の乗ったそんなに分厚くないながらも、

この豪華な夜食を取る事が文化祭終了日まで続いて行く事となった。

 

「今でもまだ在るだろうか?」

 

 

§§§学園際当日§§§

 

そして、いよいよ学園際当日がやってきた。

 数週間続いた慌ただしい学園際の準備の努力が実を結ぶ。

校庭に今日一日のためだけに、建てられた屋台村には、

 秋と冬の合間を感じさせる木枯らしが吹くたびに、

 暖かい食べ物を求め、買い物をするお客が増え、

 そんな わずかな間に行列が出来ていた。

学園際の仕事をしている先生や生徒達は、

 休む間も無く、大人数で次々と自分達の役割をこなしていった。

 しかし、この肌を冷やす冷たい風が、

 動くのをためらわせ、

 暖炉のような暖かい校舎の中に、

止まりたいと言う誘惑にものの見事に負けてしまう、

 そんな、生徒達もちらほら居るのも憎めない事実である。

結局の所3班に分けた班分けも、

虚しく、ほぼ同じ班が長く学園際の仕事をし続け、

 頭を悩ませるのは、学園の先生方であった。

 

「子供は風の子は、昔の話、でも温かい先生を大事にしよう。」 

 

 

☆☆☆残念〜☆☆☆

The grand better days memory of winter

 

「冬」、寒さで体が凍てつくような校庭で、

体を温めるべくためかラグビーを体育の授業でする事に至った。

ラグビーの基本的ルールを覚えるべくトレーニングを開始しした。

それは数日間続いた。

そして、いよいよ、試合に近いような形式のトレーニングへと入って行った。

スクラムを組みボールを足元で転がしながら、

体で重量を掛け押して行き、

最終的には、足でボールを後部へと押し出す。

そのボールを後ろに控えている仲間のチームが拾う、

進行方向に向かい走り常にパスの出来る状態を保持しながらゴールを目指す。

しかし、

後部へと蹴り放たれたボールを受けた味方のチームの生徒が、

ボールごと放たれて行った方向にゴール目指してタッチダウンを決めた。

一瞬、拍手をする手を叩くような音が聞こえたが・・・・・。

一部の感の好い生徒達と、状況を把握した相手方チームの生徒達が、

「焦るなっ!!、焦るな! 落ち着けぇ〜え?・・・・。」

 

その生徒が苦笑を表情として顔に出せない一瞬に気が付いた直後

「集中」と「緊張」の糸が事切れ、生徒達と先生から笑いが爆発した。

しかし、何故か拍手をその生徒は受け、

しばらくその笑顔と、手の平を叩くような拍手を止めさせる事はかなわなかった。

 

「結果ばかりにこだわっては、物事の本質を見失うだろう・・・・・。」

 

 

・「世田谷の夜回り〜フィナーレ」

 

学校も学期末となり試験の季節となる、

和やすぎた学園生活を貫き通してきたツケが回って来る生徒も、

現れる時期でもあったりする。

 

たとえどんな生徒でも一夜漬けで何とか事態の打開を図ろうと考える時でもある。

 

しかし、「悲しいかな」現実はなかなかそれを許そうとはしない。

「世の常」である。

 

浮いた心の人間で有っても、この時ばかりは真剣な表情をなかなか崩す事は無い。

もし、有るとすれば、それは苦笑に過ぎないであろう。

 

もちろん、その数は多くも無ければけして少ないとも言えない。

 

だが、学園でこの時期を乗り切らなければ、

「外の世界へと続く」道から横のバイパスに入り元居た場所に戻ってしまう。

 

長いトンネルを抜けるための試行錯誤が始まる、

そして、ひたすら出口を目指す。

 

その、誰もが目指すレースは日が落ちてからも続く。

学校での時間外授業は始まるが、先生が居いなければ校門を閉めなければならない。

 

そして、その数は少しづつ減って行く。

 

そんな中、生徒があるレポートを提出しに行こうとした。

しかし、お目当だった担当の先生の姿が見当たらない。

 

思いきや駐車場を見ると車が無い。

 

そして、その数十分後にエンジン音が戻ってきた。

 

生徒の学習時間をなんとか確保するために引き延ばそうと、

夜の疾走し世田谷を回っていたのだった。

 

その、およそ一週間後、電話のベルは鳴る事は無かった。

それは、また、穏やかな学園での時の始まりだった。

 

 

 「あと一個」

Thank you Mickey Disney Land .

After it passes, memories notice.

 

学園での部活のうちあげで、

ディズニーランドに行った、

普段の日におとずれたために、人はいつもよりは少いようで、

待ち時間はそれほど長いとは、感じづに待つ事できた。、

 

しかし、そんな中、

勉強は得に好きなわけでは無いが、

遊ぶ事に関しては、信謙に考える事に従順な性格の級友が、

自分の案内のノウハウで今日中に7個のブースを回れるようにしてあげると、

意気込んだ・・・・・。

 

そんな話にのり、

ディズニーランドを回っているうちに、

ミッキーがそばに居ることに気がつき、

その友人が話しかけた、

 

ミッキーが指し示すほうに行くと、

食べ物を売っている場所にたどり着き、

焼き立てのパイで軽く食事を取り、

 

そのまま昼から夕方までをかけて、幾つかのブースを回り、

少し疲れの溜まった体から

疲労感だけが抜けていった事に出口付近で気がつくと、

全くチームワークも相性もそれほど良くない人間どうしで、

いつの間にか、微笑だけが全てを語っていた。

 

しかし、一人がつまらない事に気がついてしまった。

近くにロープウェーがある事に、空を見上げた時に気づいていた。

あと一つ何かに乗ればちょうど10個、乗った事になる。

しかし、足元は、すでにロープウェーの終着駅寸前の位置に到着しようとしていた。

 

たわいも無い事に気がつき落胆をした。

しかし、一人が「じゃあ、いいよ戻ろうよ乗り場まで。」と、

つまらない議論になり、言葉に前後の見境がつかなくなりはじめ、

「解散っ!!」と、

啖呵をきった。

 

 

立ち尽くしながら無駄な議論を数分間、

ついやした結果、少し重くなった足で、だらだらと歩きながら、

帰宅への道のりに足を向けた。

 

 

「何の接点が無くてもチームワークは取れている。」

 

 

  「東急男」

 

学園の毎年の恒例行事である剣道の寒稽古の日が訪れた。

 

早春の少し前の季節、めずらしい冬の雪が消え始めた頃、

朝、闇をかき消すベルの音が目蓋を開かせた。

そして、目覚まし音の時計が登校までの道のりを

不安に思わせるほどの位置に時計の短針と長針は有った。

そこから後の事は電車に飛び乗るまでの間はよく覚えが無い、

しかし、そんな記憶は気にも知れずに、景色はスライドし学園へ向かう方向に、

車両は進んでいく。電車が通り過ぎていくホームには23人程度の人影しか見つける事が出来なかった。

 

電車は目的の終点駅へと入ってき、

すぐさまバスに乗り換えねばと言う、焦りが胸を横切った。

 

しかし、無念にも努力のかい無くバスはターミナルには居なかった。

数十秒間の脳会議が自分の中で始まる。

無意識のうちに脳会議は財布との相談に変わっていた。

そして・・・・・・・。

 

タクシー乗り場が目に入った。

財布の金をほとんど全部集め、お気に入りの「アルヒィー」のシングルと、

「PC−GAME」を諦め、タクシーに合図を送った。

そして、タクシーの扉が開き「どちらまで、」と言う声に学校の名前を呟いた、

 

声の表情から、なんとなく、状況を悟ってくれた、

運転手の人が近道でうまく乗りきってくれた。

校門の前に到着すると、「おつりは結構ですのでどうぞ」と、

自己欺瞞的な虚勢をはり、意図を悟られまいと無駄な努力をしてみた。

 

そして、自分が通っている学園の校門の前に立った。

門は間違いなく閉まっていた・・・・・・・・。

 

 

時計の針に目を向けると。

自宅の時計で短針・長針を勘違いして見ていた事に気がついた。

雨戸を開けるのをせずに大着をした事に後悔した瞬間だった・・・・・。

 

 

 進学準備・受験

 

三年次ともなり、進学の準備とやらが始まった、

進学するためには、平均点が3.8以上程度無ければならない。

学校に怠けグセがある生徒は、

なかなか進学させる事に同意する事が出来ない例もまれに在る。

しかし、ある生徒が、勉強があまり好きでは無い怠け者のタイプの人間で、

学園生活を和やかに3年間過ごそうとしていた。

しかし、

3年に入るなり、行動が変わって来た、

毎日一日も休まず、遅刻早退せず、

学校に乗り込んでくるようになったのだ、

彼は、情報処理科目のコンピュータだけ首位を取った事がある人物だった。

そして、彼は、皆勤賞を取った。

その生徒は専門学校(専修学校・「専門士」)に行きたいがため、

ただその目的一つのために取った行動だった。

「そして、卒業迎え、学園を跡にした。」

 

 

 

このように学園生活を何とか過ごすための様々な努力や知恵を

育みながら、成長を遂げて行った生徒達。

私立学校の学園と言う場所でしか体験する事の出来ない貴重な体験や、

様々な思い入れが生涯でのアドゥレセンスの思い出となる出来事などが、

「私立 科学技術学園」では生まれます。

 

 

 

「楽しいことを見つけたかい?」

「嫌な事は忘れた。」

「好きなこと、やりたい事は分かったかい?」

「どんな時でも自分はこの世界で生き抜いてやるのさ!」

「つまらない日は早く寝てしまえばいい」

「外の世界には何があるか分からないけど、この学園から続く道には先が有んだ。」

 

 

「だからどうか、今、君の居るこの世界を恐れないで。」

 

 

THE END

SEE YOU AGEIN

 

 

 

エピローグ

 

52校と言うこれだけ、多くの数の連携校や姉妹校があっても、

まだ、皆さんの中で科学技術学園をご存知ない方もたくさんいらっしゃると思います。

まだの方は、

「一度」はごらんになってはいかがでしょうか。高等学校は、

もう、

「義務教育のような物だと思って、」

「どの道、高校に行くのだから」

「全国から受験できるのだから」

「選挙権もあるのですから!?」

おやおや、それは関係有りませんでしたね。

言ってみたかっただけです。

すみません。

 

全国の連携校は、

工業系/技術系・自動車整備系・情報/ビジネス系・服飾/ファッション系

美容系/メイク系・食品/調理系・福祉/医療系・ペット系・教養/総合系

それぞれ全部、専門分野が違いますから

「大変です。」

しかし、その中から自分に合った物を見つけ出してください。

 

 

世田谷の緑豊な成城住宅街と言うこんな素適な場所で、

数十年も学園が時をつぐむ事が出来たのは、

大変、喜ばしい事です。

私立「平成元年度新生・科学技術学園」が始まった時は、

こんになに長く続くなんて思っていませんでした。

気がついたら・・・・、もう、21世紀。(新世紀)

姉妹校、他、連携校「52」校と言うこれだけ大規模で、

大かがりな私立(わたくしりつ)と言うのも、

日本国内ではなかなか無く、かなり珍しいようです。

 

「在学生 1万人」

「卒業者数 10万人」

 

始めた時から「50年間」続けようとしていたのではなく、

それぞれの世代がその時に、最高のBrave・fight!

を尽くしてきたら、今に至るまで続いて来ました。

偏差値や数字にすれば、

それは伝わりにくいかも知れません。

しかし、

「NEXT T」 は見てみるまでは分からない。

一度しか無い学園生活を「成城」citoyenとして、

すごして見ませんか?

「あなたの進むべき道はきっとあります。」

・絶対運命黙示録・

 

「テレ東ま〜にあ 〇チュッ!」

 

 

「なぜ、私学の制度を変幻自在に扱うのか?」

・私立 科学技術学園の特徴

科学技術学園の特徴、それは、やはり三つの私学システムを、上手くおりまぜる事によって、

臨機応変に私立(わたくしりつ)のカリュキュラムをプランニング出来る。

普段は、昼間部で柔軟性を重視した学園の日々を送る、

そして、単位制では個性を重視してフレックスに学校へ行く。

また、高等学校に来てくれた人には、

「今度は、専門学校にも来てほしい。」

そこで、様々な専門学を学び

そして最終的には、広域通信制のシステムによる制度を利用する事により、

私立 科学技術学園の「高等学校」更にあるいは「専門学校」を卒業し、「学歴」を得る。

この三つのシステムの調和と、専門学の融合によって、

柔軟なカリュキュラムが構成できる。

それが科学技術学園の大きな特徴ではないかと思います。

 

私立学校の選定において、

環境と進学率は決定打ともなる大きな要因であり、

学校はカリュキュラムのプランニングを繰り広げています。

一見、良さそうな私立学校でも、カリュキュラムの面に妥協が有れば、

それだけの価値にすぎません。

学習環境の低減によって、後にそのツケを払うことになるなら、

学校を選択した時の合理化追求は意味をなしません。

進学問題や、中退・不登校など学業上の不具合などで焦る煩わしさは、

実際に支払う学費にも増して大きなものです。

 

科学技術学園と言うのは、けして、「ゆとり教育」を美化しているのではなく、

「学習力」と、そして、「能力」・「技術」・「教養」を身に付けるための、カリュキュラムであって、

もし、学ぶ事を怠れば、最初に無くされてしまうのは、

今のような時代に生きる、ごく普通の一般人ですから。

ですから、これは、あくまで「そんな事が有ってはならないよ。」と言う意味での、

思慮だと思います。

 

 

プロブレム・エピソード

「変更され創られた世界、永遠・・・・イリュージョン」

 

マルチメディアやITも、やはり購読・視聴してくれる人達がいるから、

成り立っている、バーチャルリアリティ(仮想現実)を通した、

一つのエンターテイメント性のある産物であり、

コンテンツやアプリケーションをユーザーが選んで行くことで、

ニーズが生まれ、それによって、成長して来たメディアではないかと感じ得ます。

パソコンがDOS/Vシリーズに移行する以前の、

ハードで動いていたアプリケーションは、電算機のような、

そろばん程度の物で、今のマルチメディアと比較しては、

ビジュアル的にも音楽的にも十分な表現力のあるメディアとは言えませんでした。

当時の社会の中でコンピュータ・プログラムは主要な産業から、

取り残された分野でした。結果的にこれらを成長起動に乗せるために、

研究をし続けるための、プロテスタントに与えられた課題でした。

しかし、PC-GAMEやマルチメディアは特性的に、

孤立した個々の独自の世界観を、育む事を可能にした媒介でした。

それらは、想像力の欠如が指摘されていた、

偏差値による減点法のカリュキュラムによって成長した私学世代には、

まれに見る革新的なメンタルテストで、

技術的・人員力的・資料類も限られていた中で、急激に成長したのは、

社会に受け入れられにくい、子供の持つ発想の、

いわゆる知的生産性を育てる上で必要な、「物語を読む」、「音楽を聴く」など、

体感する事で感性を豊かにするために必要な条件を、

満たす環境を創る事のできる物であったためです。

結果、一般的な知識量の人間でも物事を立体的に見る事が出来るようになり、

洞察力や理解力を高める事が出来るようになりました。

 

 

-----The message which finally is not-----

 

If this voice arrives,

let how or an ear end and listen to it!

There is nothing in the world in an end etc.

If I progress, the world spreads so much......

 

 

[改定版]

模試的に配信

The technology of love and reliance, a technology school

I am pleased if you can send the comment to this homepage etc.

〜メール・フォーム〜

 

 

開発上のシステムトラブルにより本コンテンツの語分・語句表現の点に、

内容的に読みにくい部分がありました。

現在も校正の処理を行いながら配信をしております。

 

 

Tokyo 12 channel

JSF                         JSF

(KAGAKU GIJYUTU KYOUIKU SENMONKYOKU)

Old system name science and technology education

And specialty bureaus

Foundation

NERV

(Nihon electronics revolution victor)

Tokyu ITSCOMProject Making episode

Creative interactive Microsoft Office End User

An emblem markNAS

(Science and technology Academy Nihon)

FROM KAGAKU GIJUTSU GAKUEN

Thank you for accessing this contents.

------Have a nice day, and, Welcome back.------

 

 

In the " private Kagakugijutsugakuen High School " ,

 

Graduation is not a goodbye farewell , it 's such a nice day to go .

 

This is because , as the only one of selfishness ,

 also look to the future in the remains of the pupil of the boy forever .

 

So , also , because it may come back someday fell down ..... .